№18. LET GO ~手放し~【The Secret Language of Light】カード解説(シークレット・ランゲージ・オブ・ライト オラクル シリーズ18)


こんにちは、テレサです。

The Secret Language of Light(シークレット・ランゲージ・オブ・ライト オラクルカード)のカードを1枚ずつ。

翻訳しながら内容をまとめて読みやすく整理して、できるだけ網羅するように項目漏れなくご紹介します💖

18枚目です。まだまだ基本だぞ~!って感じ。気持ちの持ち方、運命に対する考え方、自己変容の旅のための知識がどんどん積み重なっていきますね。うれしい!

最後まで行ったらどんな自分になれるかな?💖

さて、このオラクルカードはカード全体が通してレッスンになっています。

出会ったのが初めての場合は、全てのカードを通して学習&実践してみて、まずは全体的な知識を手に入れましょう。ランダムに引くのは二の次です🎵

繰り返し自習しましょうね。くじけないで!応援しています。

カードのご紹介は1枚につき1記事としています。

なお、カードの概要は以下のページでご紹介しています↓💘

関連記事

 日本語版がまだ出ていないカード、前回はDivine Animals Oracleを解説しました。動物たちが描かれた美しいカード、よろしければぜひご覧くださいね♪ [sitecard subtitle=関連記事 url= target[…]

 輸入正規版を購入して、ぜひ皆さんも、能力者になりましょう💖このカード、ほんっとに!おススメです。

 慣れればイメージングの技術力がしっかりと身に付き、オラクルカードリーディングも上達しますよ。


 参考画像は小さめにしているので、あなたもお手元にカードをご用意ください。

The Secret Language of Light のオラクルカードで非常に重要で有益な要素、ソウルマスタークラスについては以下のページを参考にされてください🎵

関連記事

 日本語版がまだ出ていないカード、前回はDivine Animals Oracleを解説しました。動物たちが描かれた美しいカード、よろしければぜひご覧くださいね♪ [sitecard subtitle=関連記事 url= target[…]

じゃあさっそく、いくよー!

№18. LET GO~手放し~

【自分の力を取り戻し、成長する】

すべてあるがままにしたうえで、あなたの光を取り戻しましょう。一生懸命になるのをやめて、一呼吸しましょう。

「手放す」ということは、盲目的に信仰に飛びつくことではなく、夢や願望を実現するために特定の対象に対して抱いている抵抗感を解放することです。

私たちは誰でも、ある人、場所、仕事、また、考えに執着したことがあると思います。

しかし、執着しているのはアンバランスな思考の結果です。このバランスの悪さが、あなたに代償を必要とさせているのです。

自分の夢に向かう道だと思って自分に妥協することで、あなたは赤字を作ってしまったのです。それを選んだのはあなたです。

今は「手放し」をして、恐れではなく愛から創造することを選びましょう。

あなたには自分の真実に妥協することなく、欲しいものを手に入れる資格があります。

 ブックレットにはこう書いてあります。

 起きてしまったことを変えることはできません。しかし、この瞬間から何をするかは変えることができます。誰もがあなたを幸せにするためにこの地球上に存在しているわけではありません。またあなたが他の誰かを幸せにする責任もありません。他人に喜んでもらえなければ愛されないという思考から、あなた自身を解放しましょう。他の人にもです。あなたは愛であり、あなたは愛されています。あなたや他の人の人生で何が起こったとしてもです。

―The Secret Language of Light 付属のブックレットより

ソウルマスタリークラス

解放することの美しさ

瞑想

  • カードの上に手を置き、すべての傷を解放することを意図します。
  • 目を閉じて、虹色の光を吸ったり吐いたり。リラックスしてソフトな感じがするまで続けます。
  • あなたの人生でネガティブな印象を与える人、場所、状況がさまざまな色の光のリボンとして流れていくのを想像してください。
  • 心の中で、その人や場所、状況に向かって、”今日ここに来てくれて感謝します、これはお互いにとっての自由という贈り物です “と言ってください。
  • 光のリボンが溶けていくのをイメージして、リボンが穏やかに消えていくのを眺めてください。
  • 全てのリボンがすべて消えるまで、この癒しの空間にとどまりましょう。
  • 息を吸って吐いて…、自分の中でエネルギーの波動が動くのを感じてください。
  • もういいなと思ったら、目を開けてみましょう。
  • あなた自身と他のすべての人がありのままの自分であることを、今自由にしたのです。

カードにインスパイアされる考察と行動

  • こうあらねばならないとか、こうしなきゃいけないなどはありません。
  • あなたはただそこにいて、そしてそこにいることを自分で受け入れてください。間違っているわけでも、正しいわけでもなく、ただあなたがいる場所だということ。
  • ここに来た理由を説明したり、正当化したりする必要はありません。物語に詳細を与えれば与えるほど、その物語に支配されて、そこから前進し難くなります。
  • ハイヤーセルフと足並みがそろっていないことを状況や反応が示しています。カオスや危機はあなた自身の最も深いレベルに到達し、新たな方法で自分自身を知るための機会を提供してくれます。

毎日瞑想をして、自分の魂の真実とつながりましょう。自由はどこにでもあります。認識を変えれば見えてきます。あなたが感じていることを自分で体験することで、何でも解放することができます。

ジャーナルワーク

手放したいものを書き出してみましょう。記録すれば自分自身の中に保存しておく必要性から解放されます。

ただ、短く要約して書きましょう。リストにしたり、ポイント形式にしたり、あなただけの暗号で書いたりします。

自分の体のどこで、どのように感じているかを確認し、それを書き留めます。分析はしないでただ観察して記録してください。

次に体の中でこの感覚を認識したら、立ち止まり、目を閉じて、解消するまでこの場所に黄金の光を吹き込みます。その後、目を開けて一日を過ごしましょう。


  •  スピリチュアルの基本のキ、「手放し」がこのカードでも紹介されましたね。スピ好きの人にはもう飽き飽きワードかな?。確かに難易度は低いかも。瞑想やイメージングが功を奏する、執着を手放すワークをやると、「あれ?」とびっくりするぐらい軽くなる。雑誌やネットでも様々な方法が紹介されていますが…でもねぇ…その時はすごくラクになっても、またしばらくしたら再燃するんですね…当たり前だよね。長年かけて作られたもの、そう簡単に崩壊しない。
     変えたい価値観、ガチガチだと自覚してる古い既成概念。いつでもどこでも縛られる!(笑)困ったものです。
    でも、結局最終的には、手放したいと思うならば、根気よく瞑想やイメージングワークを続けること。数を重ねるのが一番良い方法だと思います。
     記事中にもある通り、人に対する執着も瞑想やイメージングで離れられます。そんなに難しい方法ではないので、「否応なしにやってきた人間関係の手放し」でとことん辛い時は、実際に瞑想やイメージングをやってみると、自分が本当に辛いんだということが分かって良いです。荒療治ですから、メンタルに自信が無い方は無理しないこと!イメージング中にいろいろなことが起こります。
     そして、受け入れて時間に癒してもらうか、今後も続けてイメージの力技で断ち切るか、選ぶのも良いでしょう。
関連記事

このページの下部は『Divine Animals Oracle 』の解説ページへのリンク集(目次)となっています。各ページに飛ぶためにブックマークしていただけると便利です。スクロールしてみてください。 こんにちは、テレサです  デ[…]