№52. Black Panther ~ブラックパンサー(黒ヒョウ)~【Medicine Cards】カード解説(メディスン・カード)

こんにちは、テレサです💖

カード解説、とうとうラストになりました!!

ジャガーに引き続き、こちらも美しい…。黒ヒョウです。そういえば動物占いにも黒ひょうがいます。

ようこそ動物占い®公式サイトへ!公式サイトでは、全60パターンに分けられるアニマルカラーや5アニマルなど、公式サイトなら…

昔、動物占いが出始めた頃、厳選された動物たちの中で、あえての「黒ひょう」に、どうして選ばれたんだろう?と思ったものです。あまり日本にはなじみがないですもんね…。

ちなみに動物占いは四柱推命が元になっていると言われます。

最近では個性心理学と呼ばれることもあるようで、「心理学」という言葉に若干の違和感が。

ちなみに黒ひょうは「スタイリッシュで先行逃げ切り型、感情が顔に出ちゃう可愛い人」だそうです。

動物占いでの黒ひょうのメディスンはそんな感じなんでしょう。面白い、

さてカードのご紹介は1枚につき1記事としています。メディスンカードについての予備知識もぜひご覧くださいね💖(じつはこれ⑥まである…💦)

関連記事

こんにちは、テレサです💖 とうとうこの日がきました。メディスンカードの世界にどっぷり突入します。 長年放置し続けていた、このカード。こうしてブログに書けるのがとてもうれしいです。 [sitecard sub[…]

過去記事でも書いていますが、この記事ではカードを使うにあたって必要だと感じるところを翻訳してまとめていきます。機械翻訳を読みやすくした程度と思ってください。

もちろん完訳ではないのであくまでも参考程度としてご理解ください。

どうしてもミスの無い完訳が読みたい方はVOICE社刊のメディスンカードを中古で手に入れるのも良いですし、正規輸入品を購入して、ご自身で翻訳してみてください。2021年10月中旬現在、Amazonで3000円ぐらいです。


Medicine Cards: The Discovery of Power Through the Ways of Animals

 ※役立つ翻訳サイト→ ①DeepL ②みらい翻訳(お試し)
これらはめちゃめちゃ自然な翻訳をしてくれます。一昔前の直訳みたいな翻訳サイトとは品質が全然違いますよ!

そもそもカードは手元にないと占えなくて全然意味がないので、購入してください

では早速、いくよー!

№52. Black Panther ~ブラックパンサー(黒ヒョウ)~

ああ、真夜中のジャガー
貴方の勇気で私を洗い
貴方の優しさで私を鍛えてほしい
そうすれば、時間と空間の
虚空の価値を知ることができる

暗い未知の世界に立ち向かう方法を
包み隠さず教えておくれ
そして、勇気を持って影の中へ
私一人で飛び込ませておくれ


テーマは『未知への挑戦』

ブラックパンサーはバイユーの中を静かに滑り、金色の目は星の光をとらえ、人目を盗んだ腱、筋肉、骨の上を真夜中のような毛皮が音もたてずにさざ波を立てていました。

彼女とその仲間は、カド族の故郷に住む最後の種族でした。

パンサー一族は何百年もの間、バイユーの赤の人々から尊敬されてきました。

ブラックパンサーのメディスンは、人間が自分の恐れや陰鬱な態度に向き合うことを可能にし、人間の内面にある影のような部分を探ります。

パンサーの部族のほとんどは、大海を渡ってきた他の2本足の動物たちにつきまとわれて殺され、自分たちの闇の本性を恐れていました。

その人々は、ブラックパンサーの癒しのメディスンを必要としていました。

その夜、ブラックパンサーは湿地帯のバイユーの端に立ち、夜の匂いを嗅ぎながら、恐怖を乗り越えて彼女のメディスンを信頼しようとする新参者の匂いを嗅ぎ取ろうとしました。

いや、この夜でなくても、 未知の世界の暗闇の中で発見された癒しの可能性を探る、勇気のある探検家を、彼女は辛抱強く待っているのです。

カド族は彼女の一族をブラックパンサーと呼び、マヤ族はミッドナイトまたはブラックジャガーと呼んでいました。

黒という色は、赤の人種に尊ばれています。

闇は、答えを求め、見つけ、癒しを受け入れ、隠された真実の光にアクセスするための場所です。

ブラックパンサーは、夢を通して、自分の中の癒しを必要とする場所を掘り下げることを教えてくれます。

自分探しの旅で出会った見知らぬ領域を追跡し、恐れずに未知のものに立ち向かう方法を教えてくれます。

今日、ブラックパンサーが現れたとしたら、それはあなたに「将来を心配するな」と言っているのかもしれません。

今のあなたは、精神的に今「それを理解する」ことを求められていないと信じてください。

未知のものへの恐れ、自分が本当の自分よりも劣っていることへの恐れ、あるいは単に存在してはいけないという恐れに立ち向かう必要があるかもしれません。

障害や障壁として現れる恐れを手放してください。

未知のものを受け入れ、あなたの人生で展開されているミステリーとともに流れてください。

次のステップは、手ぶらで虚空に向かって暗黙の信頼を持って飛び出すことかもしれません。

虚空の静けさの中で、愚かな妨害を避ける意志を見つけ、自己発見と自分自身の癒しのプロセスに深く入っていきましょう。

ここでは、ブラックパンサーによる思いがけない祝福を見つけられるでしょう。

逆位置

もしブラックパンサーの逆位置が登場していたら、あなたは状況を白か黒か、良いか悪いか、と二極化して見ているのかもしれません。

心が設定した前提や期待から自分を解放しましょう。

家の掃除をする時期かもしれません。

ネガティブな人や限定的な考え、一人でいることへの不安などを手放しましょう。

もしあなたがバランスを崩しているなら、自分の影の部分が恐怖の悪魔を生み出しているかもしれません。

静けさの中に身を置き、回避方法や正当化、頭の体操に主導権を委ねることを拒否しましょう。

覚えておいてほしいのは、「もしも」という恐怖心は、常にあなたを現在の瞬間を楽しむことから遠ざけてしまうということであり、人生のギフトは今この瞬間であるということです。

ビクビクしていたり、緊張していたり、混乱していたり、誇大妄想的だったり、一人でいるのが怖かったり、何かしらのリスクを感じていませんか?

こうした感情は影の領域です。自分の影に「消えろ!」と言ってください。

そして、不快な感情を認め、解放しましょう。

虚空を見つけて、ブラックパンサーの真夜中の毛皮に寄り添ってください。

いずれの場合も、すべての人間が子宮の暗闇から生まれたことに気づかされます。

あなたはかつて、この育ててくれた空間の静寂と黒檀のような虚空が、最も安全な場所であると感じていました。

最後のカードは闇への挑戦でした!
未知のものに飛び込む勇気、自分の影の部分に向き合う勇気、どちらも恐れを乗り越え、自分自身を信頼しなければできないこと…!でも衝動を伴い、必要性を感じたらできることだと感じます。このブラック・パンサーのメディスンも例にもれず、自分の中に招き入れることができれば、大いなる癒しとステージアップが期待できる、勇気はいるけど人生を変えるメディスン。このメディスンをできるだけ若いうちに身に着けることができれば、アクティブでポジティブな運命をたどることができるのではないでしょうか。最終的に開運とは恐れと苦しみをどれだけ平然と乗り越えられるかにかかっているように思います。気学や風水ではその「大変さ」のふり幅をいかに小さくするかの調節であって、やっぱり向き合うということを避けては、その人という存在は成長しないようにも思います(これは個人の考え方です)。
若くで結果を出している人は大なり小なり未知の世界に飛び込むというキッカケを通過しています。まさに通過儀礼です。YoutubeなどSNSで発表する勇気(勇気を勇気とも思っていない人もいるかもしれません)、プロになると決める勇気、田舎から上京する勇気も。未知の世界へ飛び込む小さな一歩を乗り越えれば、違う世界が見えてきます。

 




こんにちは、テレサです💖 現在は11月も末、寒くなってまいりました…それでも恋しいドルフィンスイム。 イルカとともに泳げば、メディスンも受け取れそうですよね…ああ、いいなあ。 癒されすぎる…癒される…イルカが恋しい…(長年体験してない!) 先日沖縄の軽石の問題が起きて、東京の海にも来 […]

こんにちは、テレサです💖 カエルといえば、かえるちゃん。スパイスミックスピクルス…!…ぬいぐるみです。 個人的にカエルといえばこの子です。 90年代に発売になって、今はだいぶ変化している模様。色がいろいろあるのね…😻 ぬいぐるみ カエル かえる どうぶつ 動物 さらさ […]

こんにちは、テレサです。 The Secret Language of Light(シークレット・ランゲージ・オブ・ライト オラクルカード)のカードを1枚ずつ。 翻訳しながら内容をまとめて読みやすく整理して、できるだけ網羅するように項目漏れなくご紹介します💖 瞑想を伴うカードだから、 […]

こんにちは、テレサです💖 クジラ💖 哺乳類で海に住んでいて、巨大!人間たちが特別な意味を持たせても仕方ない説得力がある生き物、クジラ。 神秘的な存在ですよね… 私個人でクジラといえば…これか…(時代を感じる) 就学前の頃、家族のレコード棚に見つけたのです。 子どもにで […]

こんにちは、テレサです。 今回はカードナンバー20、ハクチョウ。  日本語版がまだ発行されていないDivine Animals Oracleですが、自分で翻訳したものをまとめて記述、引き続きです。1枚につき1記事にしています。今後もタイトルでわかるようにしていますのでチェックしてくださいね。  参考 […]