№35. Horse ~ウマ(馬)~【Medicine Cards】カード解説(メディスン・カード)

こんにちは、テレサです💖

今回は、馬!馬!馬~💖

馬と言えば、私にとっては断然、エ・ポ・ナです。『ゼルダの伝説』通称『ゼル伝』✨

任天堂のディスクシステムの頃からやってるから!!…とはいえ、Wiiぐらいまでしか知らないっていう。

今人気なのはこれですかね。やりたいわあ…でも本体も時間もない。ずーん。

エポナ、出てくるのかしら…N64とかゲームキューブ時代には、パートナー状態だったような気がする(記憶が遠い)


て、ゆうか、え?え?これ????何これ!!!ほしい…ほしい…


ゼル伝とリンクの冒険両方入ってるらしい…なんなの。涙出る。

…は!!馬と関係ない!!

すみません。

カードのご紹介は1枚につき1記事としています。メディスンカードについての予備知識もぜひご覧くださいね💖(じつはこれ⑥まである…💦)

関連記事

こんにちは、テレサです💖 とうとうこの日がきました。メディスンカードの世界にどっぷり突入します。 長年放置し続けていた、このカード。こうしてブログに書けるのがとてもうれしいです。 [sitecard sub[…]

過去記事でも書いていますが、この記事ではカードを使うにあたって必要だと感じるところを翻訳してまとめていきます。機械翻訳を読みやすくした程度と思ってください。

もちろん完訳ではないのであくまでも参考程度としてご理解ください。

どうしてもミスの無い完訳が読みたい方はVOICE社刊のメディスンカードを中古で手に入れるのも良いですし、正規輸入品を購入して、ご自身で翻訳してみてください。2021年10月中旬現在、Amazonで3000円ぐらいです。


Medicine Cards: The Discovery of Power Through the Ways of Animals

 ※役立つ翻訳サイト→ ①DeepL ②みらい翻訳(お試し)
これらはめちゃめちゃ自然な翻訳をしてくれます。一昔前の直訳みたいな翻訳サイトとは品質が全然違いますよ!

そもそもカードは手元にないと占えなくて全然意味がないので、購入してください

では早速、いくよー!

№35. Horse ~ウマ(馬)~

力強き馬
貴方は広大な平原を
駆け抜ける力
そして
紫のドリームレインに舞う
シールドの幻影をもたらす力


テーマは『 力(パワー)

「馬を盗むことは、力を盗むことである」という言葉は、歴史上のネイティブ・アメリカンがよく口にしていた言葉で、先住民の文化において馬が果たしていた、尊敬すべき役割を意味しています。

馬は肉体的なパワーであり、神々のパワーでもあります。

世界中のシャーマンの修行において、馬はシャーマンが空を飛び、天国に到達することを可能にします。

火の発見と同じように馬が家畜化された時、人類は大きな飛躍を遂げました。

それまでの人類は、地上に縛られ、重い荷物を持ち、足の遅い生き物でした。

馬の背中に乗った人間は、風のように自由に、機敏に動くことができるようになりました。

重い荷物を遠くまで楽に運ぶことができるようになりました。

馬との特別な関係によって、人間は自分たちの概念を大きく変えたのです。

馬は文明が始まった最初の動物のメディスンです。

人類は馬と、馬がもたらした新しいメディスンに、計り知れないほどの恩義を感じています。

もし馬が二本足の乗客を背中に乗せて迎え入れてくれなければ、兄弟に会うために長い道のりを歩くことになったでしょう。

今日、私たちはエンジンの能力を「馬力」という言葉で測っていますが、これは馬が人類の名誉ある大切なパートナーでだった時代の名残です。

メディスンマンであるドリームウォーカーは、アラパホ族を訪ねるために、パイプを持って平原を歩いていました。

長い黒髪に結んだ羽は地面を向いて、平和を重んじる人物であることを示していました。

丘の上で、野生のムスタング(メキシコ、テキサス産の小型の半野生馬)の群れがこちらへ走ってくるのが見えます。

黒の雄馬が近づいてきて、旅の答えを求めているのかと尋ねました。

黒の雄馬 は、「私はあなたの求める答えがある虚空から来た。私の背中に乗って、闇に入り光を見つける力を知るがいい」。

ドリームウォーカーは黒の雄馬にお礼を言って、ドリームタイムで彼のメディスンが必要な時には彼を訪ねることにしました。

次に黄の雄馬がドリームウォーカーに近づいてきて、光が宿る東へ連れて行ってやろうと申し出てくれました。

ドリームウォーカーはそこで見つけた答えを他の人に教えたり、光をもたらしたりすることができました。

ドリームウォーカーは改めて黄の雄馬に感謝し、旅の途中でこの光のパワーのギフトを使います、と言いました。

赤の雄馬がふざけて立ち上がりながら近づいてきました。

赤の雄馬はドリームウォーカーに、仕事やヘビーなメディスンと遊びを両立させる楽しさを語りました。

彼はドリームウォーカーに、物を教えるときにはユーモアを交えたほうが注意を引きつけられることを教えてくれました。

ドリームウォーカーは彼に感謝し、喜びのギフトを忘れないことを約束しました。

ドリームウォーカーが目的地に近づいてきました。アラパホ族の国はすぐ近くにあります。

白の雄馬が群れの先頭に来ました。

ドリームウォーカーは白の雄馬の背中に乗りました。

白の雄馬は、他の馬たちのメッセージを伝える存在であり、力の中に存在する知恵を表していました。

この素晴らしい馬は、バランスのとれたメディスンシールドを体現していました。

白の雄馬は、「権力の乱用が知恵につながることはない」と言いました。

「ドリームウォーカーであるあなたは、困っている兄弟を癒し、聖なるパイプを共有し、母なる地球を癒すためにこの旅をしてきた。

あなたは、自分がグレート・スピリットの道具であることを、謙虚さをもって知っている。

私があなたを背負っているように、あなたも人々のニーズを背負っているのだ。

知恵のあるあなたは、権力は軽々しく与えられるものではなく、バランスよく責任を果たそうとする者に与えられるものだと理解しているはずだ。」

シャーマンであるドリームウォーカーは、かつて野生の馬の来訪によって癒されたことがあり、アラパホ族に来た目的は、このギフトを彼らと共有することだと知っていました。

馬の力を理解することで、バランスのとれたメディスンシールドを目指す方法が見えてくるかもしれません。

真のパワーは、自分の全ての旅程を思い出すことから得られる知恵です。

知恵は、他人のモカシンを履いて歩いた道を思い出すことから生まれます。

思いやり、気遣い、教えること、愛すること、そして自分のギフト、才能、能力を共有することが、パワーへの入り口なのです。

逆位置

エゴが邪魔をして、自分が他人から尊敬されなくなってきたことに気づかないかもしれません。

一方で、自分の権力を乱用している人との関係に悩んでいる人もいるでしょう。

「何かを言うべきだろうか?、相手に分をわきまえさせたいという気持ちを抑えるべきなのか?」と悩んでいる人もいるかもしれません。

人生の中で、自分がグレート・スピリットの恵みから道を外れてしまった時のことを思い出して、今同じことをしている兄弟姉妹に同情してください。

もしあなたが他人に対して高圧的だとか、むしろ逆に抑圧されていると感じているとすれば、威厳のあるポジションとその反対のポジション、両方にある馬のメディスンが、自分のシールドのバランスをとる方法を簡単に思い出させてくれます。

すべての道筋が同じぐらい有効である状態にすることで、人類という統一された家族の力と栄光を見ることができるでしょう。

これがレインボー・ウォリアー(虹の戦士)、ウォリアレス(戦士の乙女)のギフトです。

グレート・ミステリーから生まれたこの渦巻いた虹には、「私 」は存在せず、普遍的な 「私たち 」に置き換えられます。

虹のすべての色とすべての道筋が一つとなって尊重されます。

思いやりから生まれることを忘れて手放してしまった力を、この知識を応用して取り戻しましょう。

現在の状況から自分を解き放ち、そして人がみな運命の風に乗って疾走する前に、この力への道筋を辿らなければならないことを理解しましょう。

馬力!という言葉が表す通り、馬はやっぱりパワフルな力を表す。万国共通の認識なんでしょうね。物を運び人を運んでくれる様子なんてもう、そりゃ感謝しないわけないですよね。
昔から、四柱推命を知らない人でも日本では丙午(ひのえうま)の女性がすごく強いことはよく知られていて、会社員時代の女性の先輩はなんと、自分の生まれ年を合コンで詐称していたという驚きの事実がありました!気にしなくて良いのにと思いましたが、ご本人は気にされているようでした。昭和思考ですよね。当時はまだ平成の始めごろだった気がします。
力が権力へと話が流れ、権力のある側と無い側の話にもなりました。馬が人を背負うかわりに私たちは人々のニーズも背負っているという記事中の言葉には胸をうたれました。…そうですよね。どうやって普段の行動を世界やみんなのためになる役割につなげられるのかについて、考えこんでしまいそうです。
シャーマンのドリームタイムのお話は宿題になりそうです。ドリームタイム、虹の戦士、このあたりは予備知識が必要だと感じました。

あ、そうそう、文脈から「他人のモカシンを履く」これは他人の身になるってことだと思います。

丙午のこと

コトバンク

日本大百科全書(ニッポニカ) - 丙午の用語解説 - 宿曜(すくよう)雑暦から発展した俗信。十干(じっかん)と十二支を五…

蹄鉄はラッキーシンボル💖

festaria journal

馬の蹄に取り着ける蹄鉄は、昔から幸運を運んだり、厄を振り払ったりしてくれるシンボルであると考えられてきました。ジュエリー…




こんにちは、テレサです。 今回はカードナンバー19、ヤギ。  日本語版がまだ発行されていないDivine Animals Oracleですが、自分で翻訳したものをまとめて記述、引き続きです。1枚につき1記事にしています。今後もタイトルでわかるようにしていますのでチェックしてくださいね。  参考画像は […]

こんにちは、テレサです💖 必ず生まれた場所に戻るとか、川の流れにも負けずに上る姿が感動的ですね。 メディスンもこうした姿に関わるのではないかと想像します。 日本でもよく見られるこのお魚は、鮭だったりシャケだったり、海外ではマスのことも指すことがあり、ちょっとややこしいのであまり深く考 […]

こんにちは、テレサです。 The Secret Language of Light(シークレット・ランゲージ・オブ・ライト オラクルカード)のカードを1枚ずつ。 翻訳しながら内容をまとめて読みやすく整理して、できるだけ網羅するように項目漏れなくご紹介します💖 ふと気づけば全カードの折 […]

こんにちは、テレサです。 今回はカードナンバー27、ビーバー。  日本語版がまだ発行されていないDivine Animals Oracleですが、自分で翻訳したものをまとめて記述、引き続きです。1枚につき1記事にしています。今後もタイトルでわかるようにしていますのでチェックしてくださいね。  参考画 […]

こんにちは、テレサです💖 今回のカード、4枚目、穏やかな顔がお目見えです。カードのご紹介は1枚につき1記事としています。 メディスンカードはアメリカ先住民インディアンの智慧がいっぱい込められています。 インディアンといえば、スマッジング。ご存じでしょうか。今こんな記事も進めています。 […]