№15. Snow leopard ~ユキヒョウ ~【Divine Animals Oracle】カード解説(ディバイン アニマル オラクル シリーズ15)

こんにちは、テレサです。

今回はカードナンバー15、ユキヒョウ。

 日本語版がまだ発行されていないDivine Animals Oracleですが、自分で翻訳したものをまとめて記述、引き続きです。1枚につき1記事にしています。今後もタイトルでわかるようにしていますのでチェックしてくださいね。

 参考画像は小さめにしているので、あなたもお手元にカードをご用意ください。

 

 じゃあさっそく、いくよー!

№15. Snow leopard ~ユキヒョウ ~

【黙って見守る、観察者、がテーマ】

 高い岩山に囲まれた世界、菩薩の化身であるユキヒョウの伝説が紹介されています。

 空と大地の間、祈りの旗が高く掲げられはためいています。標高の高い山々と峠、そんな世界に精霊たちが住んでいます。

 そこには人々が倫理的な正しい道を歩むように助ける慈悲深い菩薩が住んでいたといわれています。菩薩は美しいユキヒョウに姿を変えていました。

 空の番人だったユキヒョウは、下界の人々を常に観察していました。善を行う者には報酬を、悪を行う者には障害物を用意したといわれていますが、山で足跡をつけることはあっても、姿を見られることは決してありませんでした。

 ブックレットにはこう書いてあります。

王道を行きなさい。波動の低いレベルに沈み込んではいけません。行動する前に状況をよく観察しなさい。沈黙を守ることもまた選択肢の一つです。倫理観を第一に考え、自分のエゴを満たすために、自分のことばかり考えないように。少しの謎は良いことです。

…Divine Animals Oracle 付属のブックレットより

 

落ち着いて冷静に客観的に見ること、自分の方ばかり見て熱くならないこと。自分をアピールして前に出すぎないことも美徳である。

 さて実際のユキヒョウもめったにお目にかかれないようです。最近になって高性能のモーションセンサーカメラが出てきたことで、野生動物の写真を見かけられるようになりました。

 ユキヒョウはミャウミャウ、シュッシュと鳴き、ライオンのように咆哮することはなく、代わりに遠くまで響く泣き声のような声を出すことがあります。

この動物は今-

 減少していっています。

人から姿を隠し、人々を観察するユキヒョウの姿。神秘的な生き物ですね。高地に住むので見晴らしの良いところから静かに見下ろす雰囲気をイメージすることはカードのリーディングにも役立ちわかりやすいのではないでしょうか。人物像として、決断を下す前に静かに物事を検討し観察するタイプ、前に出ることなく人々のために一番良いと思われることを選択する倫理的な姿慈悲深い心を持つ。言葉を荒げずに相手を思って厳しいことも優しく発言できるようなタイプ。見た目としては均整がとれて身体能力も高そうです。高い山に住むところがヒントになるとすれば、登山なんかも関連するかもしれません。目つきは鋭く光り、いつも後ろに下がって周囲を静かに観察するような人。オラクルメッセージとしては、正しい道を歩みなさい、卑怯な真似はしないこと。精神を荒げることなく冷静に観察して決断をすること、自分のエゴに振り回されないこと、などでしょうかね。