№9. Jaguar ~ジャガー ~【Divine Animals Oracle】カード解説(ディバイン アニマル オラクル シリーズ9)

こんにちは、テレサです。

今回はカードナンバー9、ジャガー。

 日本語版がまだ発行されていないDivine Animals Oracleですが、自分で翻訳したものをまとめて記述、引き続きです。1枚につき1記事にしています。今後もタイトルでわかるようにしていますのでチェックしてくださいね。

 参考画像は小さめにしているので、あなたもお手元にカードをご用意ください。

 

 じゃあさっそく、いくよー!

9. Jaguar ~ジャガー ~

【リリース、手放し、がテーマ】

 荒々しいジャガーで表されることもあるマヤ文明の女神、イシュチェルが紹介されています。イシュチェルは出産の時に頼られる豊穣と安産の女神です。

 女性は出産の際にオイルをいっぱいに塗られ、髪に花を挿してイシュチェルに祈ります。数日間、子宮の形の蒸気風呂に入りながらイシュチェルの歌を聴きます。

 陣痛が始まると、解放のために汗をかきます。出産の際には発汗浴から外へ出ます。出産を祝うためにジャガーの女神にお供え物をしたら再び蒸し風呂に入り、後産と体中の毒素を排出しました。

 ブックレットにはこう書いてあります。

不要になったものを解放しましょう。アイデアの世界から現実の世界へと生み出すための行動を起こしましょう。古いものは捨てて、新しいものを選びましょう。過去の負の側面を洗い流しましょう。全てを放棄し新しいものを受け入れるのです。

…Divine Animals Oracle 付属のブックレットより

 マヤの女性たちはこの女神が出産の許可を与え、助けてくれると信じていました。イシュチェルは助産、豊穣、大地、雨、そして神聖なる発汗浴の女神だったのです。

 さて実際のジャガーは骨まで強度を強調した力強い作りの身体で、、獲物を踏みつけて倒すことができる頑丈な足があります。水泳が得意で、密林の中を静かに這うこともできる、文字通り強力な捕食者です。

この動物は今-

 生息地の喪失と人間による殺害によって脅かされています。

強くて敏捷、むっちりとしたジャガー。出産にちなんだ女神とは日本人の私には意外でした。実際のところ伝説ではイシュチェルは複数の女神が組み合わさっているようです。誕生と創造だけでなく、死と世界の破壊、月の女神ともいわれます。しかしそれがジャガーと関連しているかというとそこは不明なのですが…人物像として引いた場合は、筋肉質で捕食者的な眼光、強くてどちらかというと女性性のイメージでしょうか。オラクルのメッセージとしては過剰なエネルギーや悪い習慣、病気を手放したりすること。もちろん、出産がうまくいくことも暗示しています。ネガティブなものはすべて捨ててしまいましょう。ジャガーの女神イシュチェルが手伝ってくれますね!