伝説のあのカードにとうとう手をつけてしまった…【Medicine Cards】(メディスン・カード)

こんにちは、テレサです💖

…いやぁ…VOICE社から発行された日本語版のメディスン・カードが絶版になってもう何年になりますかね。本当に手に入りにくくなったものです…

今、中古市場ではこんな感じなんです。Amazonでこれだから、メルカリだと1万円台後半ぐらいが相場なのかなあ。それでもあくまでも、中古でです。

このカードはすこしやわらかめの「紙」でできています。だから中古購入される方は、カードだけでも買い直した方がいいと思いますよ。くたっとなりやすい材質ですし…💦

↓こちらはご本家、原語版のメディスンカード


Medicine Cards: The Discovery of Power Through the Ways of Animals

私はこのカード(英語版)を2008年ぐらいに購入したのをずっと放置してました。日本語版を買おうを思ったらその時すでに絶版してた気がしてます。

放置期間、長すぎ!ですね💦

絶版だったら自分で訳すしかないかな😢と思って購入しておいたのですが本が立派すぎて訳す気力が出てこなくて…。

でも、もう令和の時代になり。

VOICE社の翻訳がどこまでわかりやすいのかわからないけど、復刊のウワサも聞かないよね…😢

…ほんじゃあもうこれだけ機械翻訳の技術が向上したら、自分で訳して内容は理解すればいいもん!

…とまたいつもの癖が出て。ド直訳なのですが(ちゃんと訳後チェックしてますけどもー)

 ※役立つ翻訳サイト→ ①DeepL ②みらい翻訳(お試し)
これらはめちゃめちゃ自然な翻訳をしてくれます。一昔前の直訳みたいな翻訳サイトとはわけが違う!良い時代だ~

もう、自分でまたブログに載せていくことにします。

そうです、今度はMedicine Cards。

ご本家のサイトはこちら。↓↓ぜひ訪れてください。長年、発信し続けられています。素晴らしいです。

みなさんもぜひ、正規輸入品を買って、中古市場の異常な高騰を抑えませんか。

占い師としては正規品でちゃんとしたエネルギーのカードが手元にあって、内容が理解できていれば占いできます。

あと、機械翻訳にかけてから、おかしい文章のところがあるから自分でもよくチェックするんですけども…

そうやって文章を直していきながら、さらにもう一度原語に当たっていくと、ニュアンスというか行間が見えてくるんです。英語でしかそれは無理ですけどね💦

(調子にのってグランルノルマンを機械翻訳にかけたら私のフランス語能力ではダメダメで↷しょんぼりしました)

これが購入当時、翻訳する気になれなかった付属の解説書。分厚くてペーパーバックじゃないのです(Amazonのページを見ると、どうも現在はペーパーバックになっている模様?)…高級感たっぷり。解説書じゃなくて、もうこれはれっきとした書籍。

北米インディアンの思想はとても伝統的でローカルなのでネット社会になっても本当の智慧はおそらく口伝なのでしょう。正確なことはわからないし、しかもメディスンマンに関する話は感覚的なので難しいです。

北米インディアンの知識が一定以上あるお友達に話を聞いてみたり、同じ思想のタロットをいくつか同時に翻訳しながら、また日本で出ている本やオラクルカードを参照しながらやっていきますね。




メディスンカードはもう発行されてから20年を過ぎているし、私も全く積極的に検索していないので、わかりませんが、他にも翻訳されている方いらっしゃるかもしれません。

それでも自分用に、残します💖

メディスンカードが伝説な理由

とにかくスゴイ!?…え、詳しく教えてよ

とにかく十年以上前から、業界界隈で「あのカードはスゴイ」というウワサを耳にしていました。

何がすごいのか?その都度相手に訊くのですが、回答は要領を得ません。言葉にできない人が複数いました。

どんどん自分で触ってみたくなり、購入に至ったわけです(その時はもう日本語版は絶版になってたー!)

その人たちにもなんとか言葉を絞り出してもらうのですが、

「見透かしているような回答が出る」

「すごく優しくて涙があふれた。」

「動物が直接語りかけてくるみたい」

「とにかく素晴らしい」

えーっ…何なの!?

こんなよくある回答が得られたのみ。やっぱりか…なぜ伝説なのかは結局自分で使うしかない…?!と焦るような気持ちになりました。

中には、霊力のようなものを感じる方もいらっしゃって…

その霊力というのはおそらく、グレートスピリットや、動物たちのスピリットによるもので、自然に対する畏怖のような感覚も浮かぶと聞きました。

あなたもぜひ手に取ってみてください。

当時、自分が保管していた新品の予備の1セットをカード交換会に出した時に、主催者の方が展示する前に即キープされました。「これは出さない。私がいただくことにするので!」とおっしゃって…

(主催者特権ですね。うん、ありでしょう💖)

本当に印象的で、その時のことをよく覚えています。

冴えわたる動物のエネルギー

さて、令和にまでなって(笑)、私自身が実際にカードを触ってみてどうだったかというと。

新品のカードそのもので、ボックスに入って触られる前はただの紙だったカードたちですが、ホワイトセージの煙をくぐらせ、祈りを込めた時、背中に一気に強く動物たちの気配が現れました。

なんせ私は10年以上もそのまま眠らせていたので、結構雑な扱いをしていたように思います💦

しかし、いざ使おうとしたら、雰囲気が豹変しました。カードの裏面はあっけらかんとしたデザインなのに、なぜこんなに伏せたカードから威圧感が出ているのか。

使う時と開封前の違いが大きすぎて驚きます。まさに眠っていた動物たちが目を覚ますような印象です。

空気感というのは目に見えないものなのであくまでも、個人的な感覚にすぎません。

しかし、このカードはやっぱり何かあるんじゃないかと思わせる力があります。

エネルギーに敏感な方はぜひ体感していただきたいです。そして感想を聞かせてください💖

実際に占ってみて思うのは、

ずっとそばにいて見守ってくれている自分のすべてを知っているパートナーのようなアドバイス」

「薄々こうかなと思っていたことがそのまま出る、賢者に指摘されるよう」

「気にしていたネガティブな部分を肯定し優しく慰めてくれる

という感じで、不安な時にこのカードに相談したら落ち込むことなく次に行ける、間違いなく精神の健康を与えてくれるカードだと思います。

まさにパートナーです。

Divine Animals Oracleと違うところは

Divine Animals Oracle の方は世界の神話に登場する動物の役割や性格などを導き出した知恵からメッセージを得る。

その一方で、このMedicine Cardsの方は北米インディアンとそれに関わる動物たちの叡智にあふれた「動物のスピリットそのもの」から語りかけられている感じがするところ。

あなたのアニマルトーテムを教えてくれる

このカードには一生に一度だけ引くとよい、とされるスプレッドがあります。

7枚のカードを引いて今世自分とつながって、守り神になってくれている動物たちを呼び出すのです。(その動物はカードを引く7種のほかにあと2種いるのですが、また詳しく書きます)

どんな動物が、自分のどの方向を、どんな意味合いで守ってくれているのか…

あなたがもしこれらのカードを引いて実際に内容を見た時、これまでの人生を生きてきて、きっと思い当たるフシがあると思います。

私もそうでした。

カードにはブランクカードといって動物が描かれていないカードが9枚付属しています。

使い方はいろいろなのですが、守り神の動物(トーテムアニマル)を選んだら、それをそこに描いてお守りにして持っておくこともできます。

すごく親切な心遣いで、また、アニマルメディスンのパワーをみんなに伝えたいという作者の熱い思いが伝わってくるようです。

先ほど、翻訳しながら、他の書籍なども参照していると書きましたが、北米インディアンの人々の叡智は私たち日本人にはなかなか伝わりづらいし、想像を絶する世界であるように感じます。

しかし自分のアニマルトーテムを知る、という作業をすることで、ほんの少しだけでもアニマルメディスンの力が時間と空間を超え、乾いたアメリカの大地から私たちの魂と身体と心に、注がれたらいいなあと願います。

加えて、これらのカードを私たちが使えるようになる、今の時代に対しても感謝でいっぱいの気持ちです。

あなたがこのページをご覧になられたのも何かのご縁、北米インディアンのメディスンマンに呼ばれているのかもしれません。

アニマルメディスンのパワー、ご一緒に勉強していきませんか?

ではこれから、複数回にわたって翻訳し解説していきたいと思います。

長いおつきあいになると思いますが、よろしくお願いします!

テレサのメモ帳

こんにちは、テレサです💖 とうとうこの日がきました。メディスンカードの世界にどっぷり突入します。 長年放置し続けていた、…

こんにちは、テレサです💖 会社で愚痴大会に遭遇したり、学校で友達の悪口を耳にしてしまったり…なんなら一緒になって自分も言ってしまった後の気分の悪さったらない…!! あるいは、不吉な場所に行ってしまった、うっかり行ったお友達の家が事故物件だった… ある友人の相談に乗ってカード占いしてか […]

こんにちは、テレサです💖 七面鳥というとお肉。そしてターキーと訳しちゃうと鳥っていうよりお肉かなという気もしたんですが、特に意図なくターキーとしてしまいました。 七面鳥って、北アメリカにしか分布してないのですね…!そりゃ日本ではクリスマスにしかお目見えしないわけですね… クリスマスと […]

こんにちは、テレサです💖 リスといえば頬袋。自然の多い国に行くと野生のリスが見られるとか…うらやましいなあ。小さくて可愛いモフモフした生き物が大好きなので、とってもうらやましい!! こんなニュースがあって、逆に見出しでびっくりしています。そりゃそうでしょ!と思いませんか。 みんな同じ […]

こんにちは、テレサです。 The Secret Language of Light(シークレット・ランゲージ・オブ・ライト オラクルカード)のカードを1枚ずつ。 翻訳しながら内容をまとめて読みやすく整理して、できるだけ網羅するように項目漏れなくご紹介します💖 自分自身に正直になって、 […]

こんにちは、テレサです💖 アルマジロの、このなじみの無さ!!私だけでしょうか。 日本のWikipediaにはアルマジロではなくて被甲目で載ってるんですよ…。 内容が薄いわぁ…やはり日本人にはなじみ無いんでしょうかね。動物園には普通にいるけれど。 英語のWikipediaの方にはそれな […]