Walking the Good Red Road アメリカ先住民インディアンの赤い道

こんにちは、テレサです💖

今、メディスン・カードの解説本を勝手に翻訳しているのですが

そこで出てきた言葉

~ the lessons each spirit needs to learn on the Good Red Road.

直訳すると

「それぞれの魂がグッド・レッド・ロードで学ぶべき教訓。」

単語の始めが大文字であることからも、固有名詞な何かだと推測しながら検索していきます。

Red Road … 赤い道。the Good Red Road だと、良き赤い道。

みなさんはご存じでしたか?

何だろう?私は全然聞いたことがありませんでした。

日本人の私がインディアンの人々と関連させて連想するのは、訪れたことがなくても写真でいつか見た、赤いそのままの乾燥した大地でした。

でもどうもこれは、スピリチュアルな比喩であり、物理的な道のことではなく、また、出典元となっている本があるようです。

少しだけ検索してみました。Good Red Road では Red Road が引っかかってくるから、こちらの方が一般的なんですかね。

最後ちょっと話が横に広がるけれど、インディアンの人たちの文化を知るためにも、ぜひ一緒にお勉強しましょう💖


Medicine Cards: The Discovery of Power Through the Ways of Animals

The Red Roadとは?

「 Red Road 」とはアメリカ先住民インディアンの生き方に触発された、スピリチュアルな精神的教えを表現したものです。

どちらかというと真のネイティブというよりは現代の英語の概念とされていて、 単にアメリカ先住民インディアン の精神性を解釈したものであると言われています。

人生の正しい道を示すとしてニューエイジのコミュニティヒッピーで人気がありよく使われているものの、現在の伝統的な先住民の間ではほとんど使われていないと書かれた記事も見つかります。

もともと先住民の人々は多言語で(現在は言語数もかなり減っています)、精神的な生き方を表すものは各部族に独自に存在しています。

信仰に対し共通の要素を持つ民族もありますが、文化は非常に個別化されていて、儀式や信念の多くはこういった多様な部族に固有のものです。

The Red Road は、非アメリカ先住民であるジョン・G・ネイハルト(作家であり詩人、アマチュア歴史家、民族誌学者)が『ブラックエルクは語る(Black Elk Speaks)』で記した本の中の

オグララ・スー族のメディスンマンで聖職者だったニコラス・ブラック・エルクの言葉がもとになっているようです。

レッドロードにいる人はみな
聖なる輪を作って互いにつながっている。
自分の旅を歩けるのはただ自分だけ。
しかし同時に多くの人が、
この道を歩いてるのだ。―

The Red Road を歩くってどういうこと?

あるサイトに書いてあった言葉を翻訳してまとめてみると

Red Roadを歩くことは、ストイックにラコタの七つの聖なる美徳を実践・体現しながら日々の生活を目的として生きるという、個人的な考え方だそうです。

かといってRed Road を歩む人が完璧主義かというとそういうわけではなく…

ただ、良い意味で正しい方向に向かって歩いているだけで、その道しるべとなるのが7つ神聖なる徳とされる言葉です。

聖なるパイプを人々にもたらしたホワイトバッファロー・カウフ・ウーマンからラコタ族へと、これらの美徳が受け継がれました。

パイプの柄が男性性を、ボウルは女性性を表しています。パイプの柄がボウルと融合するとき、パイプに命が吹き込まれラコタ族の7つの聖なる価値観に力を与えます。

1. ~祈り~
2.  ~正直~
3. ~謙虚さ~
4. ~思いやり~
5. ~尊重~
6. ~寛大~
7.  ~知恵~

Red Road を歩もうとする人は、まずこの7つの価値観に慣れることから始めます。

この7つの価値観を学ぶ際には、不安な心を抑え忍耐強くなければなりません。

これらの価値観を学び、実践し、神聖な儀式の歌を学び、スウェットロッジの儀式に参加し、Red Roadを尊重するために真摯に、そして熱心に取り組んでください…と。

↓元記事になっているのはこちらです

Spirit Horse Nation

うーん、つまりRed Roadとは、ざっくりとアメリカ先住民インディアンたちの考える聖なる生き方、その道のりのこと、と思って良いでしょうかね…!?

(詳細には一朝一夕でつかめるわけない💦)

動画など

ラコタ族かどうかは不明ですが、パイプ儀式の動画をYoutubeで発見しました。

パイプを吸うためか年齢制限が設けられているのでYoutubeでしかご覧いただけませんが…

そしてこちらはスウェットロッジの浄化儀式と出ています。

この動画を日本人の私から見たら、まさに「スピリチュアルなサウナ」。

スウェット・ロッジ(sweat lodge)は、アメリカ・インディアンの儀式のための小屋、またはこの小屋で行う「治癒と浄化」の儀式。このスウェット・ロッジ(発汗小屋)は、全米のインディアン部族に見られるもっとも一般的で、しかも重要な儀式である。薬草の香気を含んだ蒸気によって身を清め、汗をかくことで健康を回復させる「治癒」の意味と、「心と体の浄化を伴う文化的な集まりの場」の二つの意味を持っている。
ウィキペディア『スウェットロッジ』

このWikipedia興味深い。

それから、確かにスウェットロッジは一般的なのか、他のカードにも出てきますね。

左側が『ネイティブスピリットオラクルカード

こちらのカードでのスウェットロッジは、「浄化」の意味合いが強い感じ。


右側がミスティカルシャーマンオラクルカード

こちらのカードでのスウェットロッジは「スピリットとつながる」の意味合いが強い感じ。


どちらにも共通しているのが「手放し」です。

…いっぱいかく儀式ですもんね…💦汗と一緒にいろいろ手放せそう。

以上、いかがでしたでしょうか。Red Road と儀式たち。

いろいろ踏まえて、メディスンカードの世界観を味わっていきましょう。

日本人が見た、メディスンカード…どこまで近寄れるかな…💦

こんにちは、テレサです💖 先日、浄化に関する記事を書きました。 メディスンカードでアメリカ先住民インディアンのことを調べていたら、彼らの大切な文化であるスマッジングについても触れたくなったので今回の記事に至っています。 今回はスマッジングの実践的なことに少し入ってみましょう。 このス […]

こんにちは、テレサです💖 前回こんな記事を書きましたよ。 浄化したいとき…どうしますか? この場所…なんか嫌な感じがするとか。 今回は、音を使った浄化方法です。火を使えない時の強い味方です。 大きいものなら空間浄化に、小さいものなら人や物の浄化に、等用途はいろいろ。この記事でご紹介し […]

こんにちは、テレサです。 今回はカードナンバー24、ウマ。  日本語版がまだ発行されていないDivine Animals Oracleですが、自分で翻訳したものをまとめて記述、引き続きです。1枚につき1記事にしています。今後もタイトルでわかるようにしていますのでチェックしてくださいね。  参考画像は […]

こんにちは、テレサです💖 えー…ウルフ?ウルフといえば、私世代は、これよ…↓↓ 青春時代の想い出💖 (この動画は全然メディスン・カードに関係ありません。むしろメディスン・カードに失敬かもしれない💦) 今回はウルフ、狼のメディスンですよ。もはやここまで見 […]

こんにちは、テレサです💖 Medicine Cards のカード一枚ずつの解説に入る前の前置き長い💦。でも続けてどんどんいきますよ。前回の記事はこちら。 もしここのページからご覧になった方は、各ページの始めあたりに直近の記事をこうして貼るようにしていますので、さかのぼ […]